「体外受精って、どれくらい費用がかかるの?」

「顕微授精もしたいけど、追加料金がかかるのですか?」

「胚盤胞まで培養したいけど、ちょっと費用が・・・」

「未熟卵子が取れました、培養費用がいくらかかりますか?」

 

東京AMHクリニック銀座では、

ご来院いただいた皆様の身体や精神的不安だけでなく、

経済的負担も少なくなるようにと考えております。

当院の考えにご賛同をいただいた、

多くの病院様、クリニック様、企業様

のご理解とご協力のもと、

わかりやすい費用体系とさせていただきました。

 

そして、当院からの、3つの理由もお読みいただければ

ありがたいです。


1. 顕微授精代を東京AMHクリニック銀座が全額負担させていただく理由

 東京AMHクリニック銀座では、顕微授精代を当院負担すなわち、無料とさせて頂いております。

その理由は、通常、顕微授精を行えば、1個あたり1~3万円程度追加費用の請求となります。

総額で、体外受精に比べて、10~20万円以上の追加費用が請求されることもあります。

費用が高くなることにより、精子の所見や受精障害が考えられる方も、顕微授精をためらう方がおられます。

その結果、職場や家庭を犠牲にして、本当につらい思いをして採卵したのにも関わらず、

通常の体外受精を行って、一つも受精しない場合があります。

 当院では、こういった方を一人でもなくそうと考え、顕微授精代を全額当院負担とさせていただいております。

「費用が高くなるから、顕微授精をしたくてもできない。」という心配や葛藤が、当院で治療する限りありません。

 


2. 胚盤胞培養代を東京AMHクリニック銀座が全額負担させていただく理由

 

  東京AMHクリニック銀座では、胚盤胞培養代を当院負担すなわち、無料とさせて頂いております。

その理由は、通常、胚盤胞培養を行えば、1個あたり1~3万円程度、高い場合には1個あたり5~7万円程度の追加費用の請求となります。

分割卵を繰り返して移植していても妊娠しなかった方や、複数個採卵できた方が、

胚盤胞培養をする費用が高額となるために、胚盤胞まで培養する受精卵の個数を制限される方がおられます。

その結果、妊娠する機会が減少してしまいます。

 当院では、こういった方を一人でもなくそうと考え、採卵時の胚盤胞培養代を全額当院負担とさせていただいております。

「費用が高くなるから、胚盤胞培養をしたくてもできない。」という心配や葛藤が、当院で治療する限りありません。

 


3. 未成熟卵子培養代を東京AMHクリニック銀座が全額負担させていただく理由

 

  東京AMHクリニック銀座では、未成熟卵子培養代を当院負担すなわち、無料とさせて頂いております。

その理由は、通常、未成熟卵子が回収された場合、成熟しなかった場合でも、1個あたり1~5万円程度、追加培養費用の請求となります。

回収できた卵子が未成熟卵子であれば、採卵できなかったことにして廃棄する方や、

未成熟卵子は追加費用がかかるから、培養をあきらめる方がおられます。

その結果、妊娠する機会が減少してしまいます。

 当院では、こういった方を一人でもなくそうと考え、未成熟卵子培養代を全額当院負担とさせていただいております。

当院では、一つの卵子も無駄にしたくはないという信念で治療をさせていただきたいと考えております。

未成熟卵子も培養技術により、成熟させることが可能な場合があります。

採卵をうけられた方が、つらい思いをして取れた貴重な卵子ですから、妊娠の機会を失わず、

大切に培養させてほしいという当院スタッフ一同の願いも込められています。

「費用が高くなるから、未成熟卵子培養をしたくてもできない。」という心配や葛藤が、当院で治療する限りありません。

 


そして、御来院していただいた皆様への感謝の気持ち

 最後に、顕微授精代、胚盤胞培養代、未熟卵子培養代といった特別な技術に関しては、

通常、妊娠の成否にかかわらず請求となり、さらに、追加料金やオプション料金を成功報酬として請求することがあります。

 

 当院では、成功報酬もいただきません。

当院にお支払いいただく成功報酬は、生まれてくる赤ちゃんのために大切にとっておいてください。

それが、当院を選んでいただいた皆様への私たちからの感謝の気持ちです。

皆様が、充実した人生を歩まれることが東京AMHクリニック銀座への成功報酬とさせていただけましたら幸せです。

東京AMHクリニック銀座

スタッフ一同